体験レッスンでわかった!LAVAの人気が最も高い理由とは??

自宅でヨガするなら絶対知っておくべき《過伸展》で膝(ひざ)を痛める危険性

スタジオに通うより気軽に、自分のペースでできるのが自宅ヨガの魅力。

しかし自宅ヨガはインストラクターに見てもらえないので、体を痛めてしまうようなポーズの取り方をしていても気づくことができません。

もしあなたが自宅でヨガを楽しんでいるなら、絶対知っておいて欲しいのが「《過伸展》で膝(ひざ)や肘(ひじ)を痛める危険性」についてです。

 

実は、生まれつきや成長過程、体の使い方のクセなどで関節が「過伸展」と呼ばれる、負担がかかりやすい状態になっている人がいます。

しかも、過伸展は本人も自分が過伸展であることに気づいていないケースが多く、そのままヨガを続けたせいで膝を悪くしてしまうこともあるのです。

過伸展は決して珍しい症状ではありません。

くまりす

実は、私も過伸展で膝を痛めた一人です

あなたも、今まで過伸展に気づかなかっただけかもしれないのです。

何もしらずに自宅でヨガをしたせいで、膝を痛めてしまった!なんてことにならないように、自分が過伸展かどうかを知り、過伸展の人でも関節に負担をかけずにヨガをする方法について知っておきましょう。

くまりす

今回は私の体験談を交えながら、その危険性についてお話します!

 

過伸展とは?

関節の正常な可動域以上に、関節を伸展することができる状態を過伸展といいます。

伸展は、例えば肘なら、ひじを伸ばす動き。

過伸展は、言い換えればひじを真っすぐに伸ばす以上に「伸展」の動きができることです。

この関節可動域以上に伸展させた状態で身体を使うことは、実はケガにも繋がりやすく、気づかないままヨガを続けることは危険なんです。

 

関節はたくさんあるのですが、なかでもヨガで痛めやすいのが膝(ひざ)と肘(ひじ)の関節です。

特に、毎日体重を支えているヒザは、ヨガの初心者向けクラスでも使うことが多く、一番痛めやすい場所。

今すぐ自分が過伸展かどうか確認しましょう。

 

この後説明する

  • あなたのひじ・ひざは過伸展?
  • 過伸展でも安全にヨガするための身体の使い方

については、動画で確認した方が分かりやすいです。

是非こちらの動画もご覧ください★

 

あなたの ひざ・ひじ は過伸展?

ひざの場合

ひざの場合は、右の写真のようにしっかり伸ばしきった時に、ひざのお皿が奥にくぼんでしまうような状態が見られれば、過伸展だといえます。

立ち上がった状態で確認が難しいなら、ちょう座の姿勢で、足を強く伸ばしきってみましょう。

そこでかかとが浮いたら過伸展です。

 

ひじの場合

ひじの場合は、このように四つん這いの姿勢で両腕をついて伸ばしきることで確認できます。

右の写真のようにひじの曲げる部分が前を向いてしまう状態なら、過伸展です。

ひじの過伸展は「サル腕」とも言われています。

バレーボールなどで、ひじを伸ばしきる動きをよくすることで、過伸展になったという場合もあります。

 

ひざ・ひじの過伸展が危険な理由

例えばこの、ひざの過伸展の写真を見れば分かるかと思いますが

過伸展(右の写真)の状態で真上から体重を乗せた場合、太ももの力も入りづらく、体重はほとんどヒザで受け止める形になってしまいます。

真っすぐの状態(左の写真)だと、足首から真上に真っすぐ足が伸びているので、上から体重を乗せても足全体で支えることができます。

私の場合、過伸展の状態で体重を乗せ続けたことでひざの関節に負担となり、ある日突然ひざが腫れすぎて歩けない事態にまで発展しました。

 

ひざ・ひじが過伸展でも、安全にヨガする方法

それはずばり、ひざ・ひじを伸ばしきらず、少し緩めて使うこと!

例えば、上の写真のような片足立ちのポーズのとき、伸ばしている方の足を

完全に伸ばしきらずにほんの少し緩めた状態にしておくのです。

 

過伸展の人は、ひざを少し緩めたくらいの感覚でも、見た目は「ちょうど真っすぐ」の状態になります。

ヨガで足を伸ばすポーズのときは、「見た目は真っすぐ、でも感覚としては少し緩めている」という状態を意識すればOK!

伸ばしきらない感覚は最初は気持ち悪いし、伸ばしきるよりもしんどいです。

でも伸ばしきるよりしんどい、ということは、しっかり足の筋肉を使うことができているのです。

 

ひざ・ひじを緩めて使い続けたら、体が変わる!

ひざ・ひじを伸ばしきらないように意識し続けると、体の使い方のクセも変わってきます。

ひざ・ひじを伸ばしきらないことにより、関節の周りの筋肉が鍛えられて、伸ばしきらない位置が「ちょうど真っすぐ」の位置に変化していきます。

私はヒザを痛めた7年前から、ずっと膝を緩めた感覚でヨガをしてきたのですが、今は無理やり伸ばしきって体重をかけないと過伸展の状態にならないくらいに変化しました。

くまりす

今は、伸ばしきることが怖いとすら思います・・・!

 

まとめ【ひざ・ひじを守りながら、ヨガを安全に楽しもう】

ひざやひじを緩めてヨガをするのは、最初はちょっとツライですが、続けていくことで強いひざ・ひじを作ることができます

私、過伸展だった・・・と落ち込む必要は全くありません。

むしろ今、自分が過伸展と気づくことができたおかげで、関節周りの筋肉を強化するチャンスをもらえた!と思って、ヨガの練習に励みましょう★