LAVA体験前に知っておくべきこと まとめ!魅力と注意点を解説★

【哲学】樹木希林さんと内田裕也さんの関係にヨガ的要素をみつける

2018年9月15日にご逝去された樹木希林さん。

唯一無二の演技力で、彼女の訃報には日本中の人が悲しみました。

一言では言い表すことができない魅力に溢れた樹木希林さんですが、女優としてだけでなく、彼女の芯の部分に持っている深い哲学が世の中の共感を呼び、彼女の存在自体が人々の心に響いているのです。

そんな樹木希林さんは、ご主人である内田裕也さんとの関係についても注目されています。

樹木希林さんが夫・内田裕也さんについて語った言葉の中に、ヨガ哲学に通じるものを感じました。

様々な人々と関わりの中で悩みながら生きていく私たちにとって、心にとどめておきたい名言だと感じ、記録することにしました。

 

樹木希林さんが、夫・内田裕也さんについて番組で語った内容

夫である内田裕也と結婚してから、自分がケンカが好きなんだなぁというのを感じた

自分の中にこんだけ激しいものがあるんだってわかったんです

 

人はね「うちの夫となぜ別れないんだ」って言うんですよ

 

人から見れば私がちゃんとしていて、うちの夫がメチャクチャに見える

実際にそうなんですけれども

 

仏典の中に釈迦が

”自分に背いて邪魔ばっかりしている提婆達多(ダイバダッタ)という弟子がいたが、提婆達多がいたおかげで、自分はこれだけのものを悟ることができた”

というくだりがあるんですけど

 

自分にとって不具合だなというものの出会いは全てその時の提婆達多だったという風に私が受け取るものですから

 

そのもうひとつ深く突き進んでいくと

私の中のどうにもならない混沌とした汚れみたいな心のどうにもならないものが

内田さんというカッカカッカしてるものにぶつかって

清められているというか収まっている

 

そういうものなので、ありがたいと思っているんです

 

―フジテレビ系「シンソウ坂上」 2018年10月25放映分より抜粋(一部編集)

なんだか聞いていて涙が出そうになりました。

そして、私の好きなヨガの哲学にも通じるものがあると感じ、嬉しくもなりました。

この樹木希林さんの名言から学べることを、次の章で解説したいと思います。

 

夫・内田裕也さんに対する考え方から見えてくる3つのヨガ哲学的な要素

自分を客観視する重要性

夫である内田裕也と結婚してから、自分がケンカが好きなんだなぁというのを感じた

自分の中にこんだけ激しいものがあるんだってわかったんです

この言葉からわかるのは、普段から希林さんは自分のことを客観視しているというのが分かります。

喧嘩をしながら、自分の性質(性格・好みなど)を知ろうとしているのです。

ヨガでも、ポーズを取っている時や呼吸法をしているとき、仮に上手くいかなくても「良い」か「悪い」かのジャッジをしないで、「あぁ、今は呼吸法が上手くできないなぁ」と、ただありのままを見つめる練習をします。

焦ったり悩んだり感情を動かさず、落ち着いた心を保つようにするのです。

練習を重ねるうちに、普段感情が激しく揺れ動いたときにも応用ができ「あぁ今日の私はなんだかイライラしてるなぁ」というように客観視をすることで、心を静めることができるようになります。

自分を客観視することで、希林さんは喧嘩の繰り返しのような日々の中でも、学びや気づきを得ていたんだと思います。

その積み重ねにより、夫・内田裕也さんへの感謝の思いも芽生えるようになったのではないでしょうか。

このことから、自分を客観視することが自分を落ち着かせ、自分を知ることに繋がっていくということがわかります。

 

腹を立ててしまうような存在が、自分を成長させる

あなたに幸せを与えてくれるだけの存在がいれば、その人とずっと仲良くしていけば幸せなのかもしれません。

でもいろいろな人とぶつかり、それによって生まれる自分の悪感情を知ってはじめて、同じような思いを人には与えないようにすることができるのではないでしょうか。

武田鉄矢さんの”贈る言葉”という曲に「人は悲しみが多いほど、人には優しくできるのだから」という歌詞があるように、マイナスな感情こそがあなたを成長させ、大きな人間にしてくれるのです。

自分にとって不具合だなというものの出会いは全てその時の提婆達多だったという風に私が受け取るものですから

 

そのもうひとつ深く突き進んでいくと

私の中のどうにもならない混沌とした汚れみたいな心のどうにもならないものが

内田さんというカッカカッカしてるものにぶつかって

清められているというか収まっている

この言葉からも、色々な感情を生み出してくれ、気づかせてくれる内田裕也さんという存在が、希林さんの人生には無くてはならないものだったということが分かります。

そう考えたら、あなたの感情をゆさぶってくるような周りにいる嫌な人も、今のあなたを作るうえで必要だったと思えますよね。

そう思えば、なんだか嫌な人間にさえちょっと感謝が湧いてくる気がしませんか?

 

どんな出会いも有難いもの

あなたに癒しを与えてくれるような存在は、とても大切でしょう。

しかし、あなたという存在をコピーした人間でもない限り、必ず嫌な思いをすることや気が合わないことが出てくるものです。

気が合うと思っていた友達に、あなたが傷つけられることもあるのです。

そういうときに相手を憎むのではなく、感謝の気持ちをもって接することができれば、もしかしたら新しくその人の魅力に気づくことができるかもしれません。

出会いがなければ、あなた自身の感情が動くこともなければ成長することもありません。

どんな出会いも、あなた次第で自分の成長に変えていける有難いものなのです。

 

まとめ【樹木希林さんの中にあった哲学的要素はヨガにも通ずるものだった】

いかがでしたか?

穏やかでありながらブレない芯の強さを感じるのは、樹木希林さんの内にある哲学的な要素なのではないでしょうか。

人から与えられた感情を客観視し、ひとつひとつを自分の物にしていった希林さんだからこそ、誰に対しても穏やかでいられたんだと思います。

 

ヨガの本来の目的は、心を安定させること。

それは呼吸やポーズを使って自分を客観視する練習を積むことで達成しやすくなりますが、樹木希林さんのように、ヨガのポーズを取らなくてもヨガ的に生きることはできるのです。

生きていると、人間関係でつい愚痴を言いたくなったり、悪感情に振り回されてしまうことがしょっちゅう起こります。

でもそれを学びに変えて、まわりの人に感謝できる人生を送ることができたら、きっと穏やかに後悔しない生き方ができるんじゃないかと思います。

 

様々な名作を始め、その人生をもって私たちに様々なことを伝えてくれた樹木希林さん。

改めて、ご冥福をお祈りいたします。