体験レッスンでわかった!LAVAの人気が最も高い理由とは??

LAVAの危険性とは。元インストラクターが解説!安全にヨガをするために知っておくべきこと。

今や大人気のホットヨガスタジオLAVA

楽しいレッスンも多くて、どんどん会員数・店舗数が増えて行ってます。

くまりす

私も最近通っていますが、実際レッスンは飽きないし、ヨガに慣れていても楽しく続けることができています。

しかし、元インストラクターからの視点からみると、LAVAには危険な一面があることに気づいてしまいました。

その危険性を知らないままLAVAに通い続けると、最悪の場合、身体を痛めることになりかねません。

安全に正しくLAVAでヨガを続けるためにも、この記事を読んでおきましょう。

この記事では、

  • LAVAの危険性とは
  • 安全にヨガするために知っておくべきこと

について解説します。

関連>>自宅でヨガするなら絶対知っておくべき《過伸展》で膝(ひざ)を痛める危険性

元インストラクターが見たLAVAの危険性とは?

初心者向けのクラスほど、経験が浅いインストラクターが多い

LAVAの初心者向けのレッスンの定番には、

  • ヨガベーシック(運動量レベル2)
  • ヨガビギナー(運動量レベル2)

などがありますが、LAVAのインストラクターは、まずこれらのレッスンからデビューしていきます。

そのため、経験の浅いインストラクターが担当することが多いのです。

LAVAはスタジオの収容人数が多いので、経験が浅いインストラクターさんが見るには限界があります。

でも本来は、初心者の人が多くなる「ヨガビギナー」「ヨガベーシック」のクラスこそ、ベテランさんに担当してほしいですよね。

くまりす

システム上、仕方ないことなのかもしれないですね・・・。

 

そこで、初心者向けのクラスでも、比較的ベテランのインストラクターが担当するレッスンがあります。

それは、

  • リラックスヨガ(運動量レベル1.5)
  • リンパリラックスヨガ(運動量レベル1.5)
  • リンパリフレッシュヨガ(運動量1.5)
  • 美律ホルモンヨガ(運動量2)

などです。

これらのレッスンは、運動量レベルは低めなので、初心者にもやさしいクラスになっています。

  • 初めてで不安
  • 少しでも経験のあるインストラクターに教わりたい

というときは、これらのレッスンを選ぶと良いですね。

MEMO
LAVAホームページに載っているスケジュールで担当インストラクターの名前が確認可能!

強度が3.5などのレッスンを担当しているインストラクターさんはベテランが多いです。

 

ポーズの「形」を伝える指導方法

LAVA危険だと感じたもう一つが、アジャスト(=ポーズを調整すること)の方法です。

アジャストはポーズの形を伝えるだけでは、「形」だけを真似しようと無理に身体を動かしてしまい、かえって危険な場合があるのです。

それが、LAVAでレッスンを受けていると、ポーズの「形」だけを伝えてくれるインストラクターさんが割といます。

アジャストは本来、

身体のどの部分どう意識すれば、形を変えられるのか?

を伝えなければなりません。

くまりす

それが難しいんですけどね・・!

たとえば、

こういうポーズ(↑)をとったとき、お腹を使えていないと骨盤が前に倒れて腰が反りすぎることがあります。

そんなとき「前傾になってる骨盤を立ててください」とポーズの「形」を伝えられても、「腹筋をつかう」ということが分からなければ、バランスを崩してしまうのです。

「おへそを内側に引き込んで、お尻の穴を真下に向ける意識」というように「身体の使い方」を伝えるべきなんです。

インストラクターのアジャストの通りにやろうとすると体が痛い気がするときは、正しく伝わっていない可能性があります。

くれぐれも無理しないようにしましょう。

 

レッスンが大人数制

LAVAではスタジオの収容人数が40人以上のところも多く、基本的には大人数でレッスンがスタートします。

レッスンが大人数なので、あなたが危険なポーズの取り方をしていてもインストラクターが気づくのは難しい環境。

一気に一人で40人もの生徒さんを見るのだから、当然といえば当然です。

ひとりひとりを見るのが難しいという点で、大人数制のレッスンには危険が伴いやすいです。

 

LAVAで安全にヨガをするために知っておくべきこと

分からないことを聞くようにする

レッスン中のアジャストで、分からない事があったら、レッスン後にインストラクターに聞いてみましょう。

レッスン中に理解できなかった部分も、改めて説明を聞くことで分かるようになるかもしれません。

それに、LAVAのインストラクターさんは、みんなとてもウェルカム。

生徒さんからの質問には、喜んで真剣に答えてくれます。

インストラクターにとっては、あなたからの質問は成長の材料にもなるので、とても有難いものなんです。

積極的に質問することで、少しずつインストラクターとの信頼関係もできてきて、ヨガがもっと楽しくなります。

質問は、どんどんしましょう。

>>関連:ヨガインストラクターのタイプは様々。自分に合う指導者を見つけて楽しく継続!

>>関連:「怖い・冷たい」印象のインストラクターの3つの真実!実は良き指導者?

 

「無理しない」のラインを知っておく

「無理しない」というのがどの程度なのか、具体的なラインを知っておきましょう。

判断する基準として

  • 痛気持ちいい ⇒
  • 表情がゆがむ痛さ ⇒

というのが分かりやすいです。

平然と呼吸を深められる程度の痛みであれば、身体にちょうど効くところでポーズを取れています。

逆に、表情をゆがめてしまいそうな痛さの時は、ポーズを一段階手前に戻しましょう。

>>LAVAの体験レッスンを予約

全て完璧にインストラクターの言う通りにできなくていい。と気楽に構える

レッスン中の限られた時間に、正しくインストラクターのアジャストを理解するのはなかなか難しいです。

そのため、言う通りにやってみたつもりでも、

  • どこに効いてるのかよく分からない
  • 痛い気がするけど、合ってる?

などと疑問が湧くことがあります。

真面目な人ほどモヤモヤとした気持ちになってしまいがちですが、「すべてを完璧に言う通りにできなくても良い」と気軽にポーズを取りましょう。

そして、レッスン後に質問すれば良いのです。

 

人が少ない時間帯を狙って受講

可能であれば、人が少ない時間帯「平日の昼間」を狙って受講しましょう。

生徒さんが少ないほど、インストラクターは丁寧にポーズをみることができます。

大人数のレッスンでは気づけなかったことを、教えてもらえるかもしれません。

 

【最後に】「無理しない=挑戦しない」ではない

ヨガでは「無理しないで」という声掛けを、よく聞きますよね。

実際、無理しないことはとても大事なのですが、それは「ただラクをする」のとは全く別物です。

リラックスだけを求めすぎていると、本来得られるはずのヨガの効果が得られないことがあります。

関連>>ヨガをしても冷えが改善しない人の特徴!「頑張らなくていい」に縛られすぎが原因?

ラク~なポーズばかり取っていても、身体には何の効果もないのです。

「無理しすぎない」という大前提で、自分の中で「ギリギリに挑戦してみる」という情熱も忘れないようにしましょう。

 

まとめ【LAVAに潜む危険性と対処法を知って、楽しく安全なヨガライフを】

いかがでしたか?

LAVAは業界最大手

それだけ多くのインストラクターが所属しているので、全員が全員、上手にレッスンをできないのは当然のことかもしれません。

かといって、ヨガで身体を痛めてしまうのは絶対避けたいですよね。

でも、LAVAのインストラクターさんは、雰囲気が良いので、気になったことはどんどん質問しましょう。

アジャストの伝え方などは、経験が積まれるほど上達するもの。

インストラクターさんの成長も、LAVAの影の楽しみ方になるかも★

LAVAの体験レッスンを予約>>