LAVA体験前に知っておくべきこと まとめ!魅力と注意点を解説★

【大阪 無料で外ヨガ】一人でロハスヨガ(難波宮跡公園)に参加した感想!体験レビュー

関西最大級の外ヨガイベント、LOHASヨガに一人で参加してきました。

予約も不要無料なので、ヨガが初めての人にも最適なイベントです♪

レッスンの内容や持ち物、一人でも大丈夫だったか?などをまとめました。

 

LOHAS(ロハス)ヨガとは

大阪のヨガスタジオ「ヴィオラトリコロール」が主催する関西最大級の規模の外ヨガイベントです。

冬以外の季節、(だいたい4月~11月※気候の変動により変更される可能性あり)月に第三か第四日曜日に開催されています。

  • 開催場所:難波宮跡公園(大阪城公園の近く)最寄り駅は谷町4丁目か森ノ宮になります。
  • 時間:AM11:00~ 90分
  • 参加費:無料

ロハスヨガ参加までの流れ

参加した日

2018年10月21日に参加。

天気は快晴。今日なら真っ青な空を眺めてヨガできるだろうな~と、朝一番、急遽参加してみようと思い立ちました。

参加費無料で予約不要だから、急に思い立って参加することも可能です。

 

谷町4丁目駅から難波宮跡公園までの道のり

当日、15分前に谷町四丁目駅に到着。

谷町四丁目駅すぐ!と記載がありましたが、実際は小走りで行っても10分ちょっとかかります。

 

くまりす

地下鉄の何番出口に出るかによってかなり変わります・・・!

私も小走りして11時ぎりぎりに到着しました。

地下鉄に自信がない方は、20分以上前に到着していた方が安心ですね!

 

難波宮跡公園に入ってから、ロハスヨガの場所を探す

難波宮跡公園に到着したら、どこでロハスヨガが開催されているのか自力で探さないといけません(笑)

公園自体とても広いので、公園に入ってもすぐにロハスヨガの場所がわかりませんでした。

この日は、区のイベント?で出店が沢山あり、更に分かりにくかったです。

色々と出店が出ている中、キョロキョロしながら奥へ進むと、スタッフらしき人が私をみて声をかけてくださり、「この奥なんです」と方向を教えてくれました。

そのおかげでなんとかぎりぎり到着。

すでに20名ほどの方がマットを敷いて準備万端!

スタッフの方に「おねがいしまーす」と声をかけ、適当な場所にヨガマットを敷きました。

持参したもの

  • ヨガマット
  • レジャーシート
  • 水筒
  • タオル

ヨガを始める前の準備

普段家で使っているヨガマットなので、直接地面に敷くのは嫌だと思いレジャーシートを持参しました。

こんな感じで、ヨガマットの下にしいて、マットからはみ出た部分に荷物を置きます。

大きめのレジャーシートを敷いて、荷物などを置いたりしている人もいて便利そうでしたよ♪

くまりす

ポーズがマットからはみ出ることもあるので、汚れが気になる人は大きめのレジャーシート持参がおすすめ。

広々と自分のスペースを確保できるのも外ヨガの魅力です。

着替える場所はないので、ヨガウェアの上にデニムを履いていき、こそこそとデニムを脱ぎました。

 

くまりす

ウェアの上に緩めのジーンズを履いていたので、行き帰りはかなり暑かったです。

着替えの場所がないので、服装には工夫が必要かも。

 

 

ヨガレッスンはどんな感じ?

レッスン前は、みなさんそれぞれストレッチしたり気を抜いていたり(笑)、それぞれの時間を過ごしています。

レッスンの内容

レッスン内容は「ゆるヨガ」とあって、初心者の方にも分かりやすく丁寧に進めてくれます。

先生の優しい誘導で太陽を浴びてヨガできるので、ヨガ歴が長い人でも十分に気持ちよくレッスンを受けられます。

楽な姿勢で座った状態で目を閉じて呼吸をするところから始まり、後半はしっかり体を動かしていくレッスンでした。

そして後半には外ヨガならではの斬新な遊びっぽいものも入ったりして、充実な90分でした。

ロハスヨガの終了後

最後に、一人一つでいいので公園のゴミを拾ってから帰るよう声かけがありました。

使わせてもらった公園、環境への感謝も忘れないところがヨガっぽくて爽やかな気持ちになれます。

 

まとめ【外ヨガに参加してみた感想】

真っ青な空を眺めて呼吸を意識的に繰り返すだけで、癒し効果は絶大!

ヨガのポーズもいつもより伸びやかにできている感じがして、とても気持ちよかったです。

くまりす

その日は久々によく眠ることが出来ました!

ヨガスタジオに行くのも良いですが、たまには外の空気を吸ってヨガをしたいですね。