LAVA体験前に知っておくべきこと まとめ!魅力と注意点を解説★

ストレスで食べ過ぎる意外な原因!血流へアプローチする過食対策

ストレスを感じると食べ過ぎてしまうのをなんとかしたい・・・

ストレスを感じると必要以上に食べ過ぎてしまうことがありますよね。

今日こそは間食しない!と心に決めたつもりでも、仕事帰りにお菓子やパンなどをたくさん買ってしまって、抑えきれない食欲に自分でも呆れてしまう・・・ということは私自身もよく経験しました。

そんな抑えられないストレス食いが、血流へアプローチすることで解決するかもしれないのです。

ストレス食いと血流との関係を知り、不自然な食べ過ぎを減らすしましょう。

kuma.

無駄に食べ過ぎたせいで増えた体重も元に戻すことができますよ。

 

ストレスによる過食と血流の関係

血は、全身にバランスよくある状態が人間の身体にとって心地の良い状態です。

そこで、悩み事が頭から離れなくなると、血は頭にのぼってしまいます。

仕事で理不尽なことで怒鳴られたり、失恋して彼のことが頭から離れないときも、血が頭にばかり行ってしまっている状態になります。

そうすると、身体は少しでも全体の血のバランスを整えようとして、頭に集中してしまった血を「食べる」ことで胃腸にも巡らせようとするのです。

そのため、ストレスで血が頭に上ると、食べ過ぎに走ってしまうのです。

 

ストレスによる過食を起こさないために

ストレスで食べ過ぎてしまう原因が血流にあるので、「食べる」以外のことで血流を良くすることができれば、ストレス食いから抜け出せます。

例えば、全身運動をして血流を良くすることや、深~く長く深呼吸をして内臓を動かすことが効果的です。

また、血のバランスがすぐに乱れてしまわないために、強いメンタルも必要です。

 

ヨガでストレスによる過食を撃退!

「食べる」以外の方法で、頭に集まってしまっている血を全身に巡らせることができる方法として、ヨガが効果的です。

ポーズだけじゃダメ?ヨガ的「生活」で血流が改善する話

深い呼吸をすることで、普段動かさない深層筋まで動かすことができ、全身の血液のバランスも整います。

また、ヨガでは空腹の心地よさを知ることもできるため、無駄に太りにくい体質を作れるのです。

 

ヨガをすれば、ストレスを感じにくい体ができる

逆に言えば、ヨガをすることで常に全身の血流が巡っている体質になれば、少しのストレスを感じたくらいでは血が頭にのぼらなくなるため、ストレスを感じにくくなります。

ストレスによる食べ過ぎを防ぐ以前に、イライラしたりくよくよ悩むことが減っていくので、性格も穏やかで大らかな人になっていきます。

良いヨガインストラクターの定義とは?出会うにはコツがある?たった2つのポイントを紹介

 

まとめ【ヨガをすれば不自然なストレス食いが解消するかも!】

ストレスによる過食の原因である血流にアプローチするために、必要な全身運動や呼吸法が、ヨガで同時に行うことができます。

他にもメリットがたくさんあるので、これを機に一度体験レッスンに行ってみてくださいね☆