LAVA体験前に知っておくべきこと まとめ!魅力と注意点を解説★

「怖い・冷たい」印象のインストラクターの3つの真実!実は良き指導者?

色々なヨガスタジオに行っていると、怖い印象のインストラクターに出会うことがあります。

怖いインストラクターって、嫌ですよね(笑)

 

でも実は「ちょっと怖いかな?」と感じる先生こそ、案外ヨガへ情熱を持って指導している良い先生だったりします。

つまり、怖いと感じたインストラクターのレッスンこそ、続けて受けてみる価値があります。

 

最初は「怖い」と感じていても、レッスンを受けるうちに一番お気に入りのインストラクターになることだってあり得ます!

くまりす

怖い先生のレッスンは、ストイックに頑張れるから私は好きです(ドМ?笑)

 

この記事では、

  • 怖い印象のインストラクター 3つの真実
  • 怖いインストラクターが怖くなくなる方法

についてまとめていきます。

 

怖いインストラクターの3つの真実

実は集中している

いつもニコニコしていて癒し系のインストラクターも多いなか、きびきびとした雰囲気のインストラクターに当たると、冷たい印象を受けてしまいます。

でも、冷たいと感じる理由は、笑顔を見せないからだけかもしれませんよね。

実際、あなたもヨガに集中しているときには、笑顔を見せないはずです。

一見怖いと感じるインストラクターも、ヨガのレッスンに集中しているだけのことが多いです。

一度「あ、先生も集中してるんだな」と軽く受け止めてみましょう。

 

実は正しいヨガを伝えようとしている

ヨガインストラクターに求められるのは、愛想が良いことでもお客様の要望にこたえることでも何でもありません。

ただひとつ、生徒を「正しい方向に導くこと」です。

その本質を知っているインストラクターであれば、笑顔でいることよりも、なるべく生徒全員に目を向けることに意識を向けています。

良いヨガインストラクターの定義とは?出会うにはコツがある?たった2つのポイントを紹介

もし、間違ったポーズや危険なポーズをしている生徒がいれば、迷わず指摘します。

あなたが正しいと思って取っているポーズに対して、サラっとした言い方で指摘されると冷たく感じてしまうかもしれません。

そういうときは、正しいヨガを伝えようとしてくれているんだ。と捉えてみれば「怖い」というよりも、むしろ愛を感じられることすらあります。

 

実はヨガ愛に溢れている

「できるだけ多くの人に、正しいヨガを伝えたい。」そう思って真剣に取り組んでいるインストラクターですから、もちろんヨガ愛に溢れている人と言えます。

インストラクター自身が真剣にヨガをしているため、経験に基づいた的確なアドバイスをしてくれます。

そのアドバイスに素直に耳を傾けるうちに、あなた自身も変化を感じられることでしょう。

レッスンに通ううちに、どんどんそのインストラクターの魅力に引き込まれてしまうかもしれません。

一見冷たくて怖いけれど何故か人気があるインストラクターは、ヨガを深く理解して実践しているため、ヨガを正しく習得したい生徒さんから支持されているのです。

 

怖いインストラクターが怖くなくなる方法

自分だけに集中する

インストラクターが怖い・・・と委縮してしまっては、せっかくヨガに来ているのに時間が勿体ないです。

あまり気にしすぎず、インストラクターの言うことには軽く耳を傾けておくくらいの気持ちで、あなたはとにかく自分の内側に意識を向けるようにして集中しましょう。

割り切ってしまえば、むしろ愛想の良いインストラクターが色々と気にかけてくれるよりも集中しやすいかもしれません。

ヨガに真剣なインストラクターのため、集中してヨガに取り組むあなたにも真剣に対応してくれます。

そのような関係が築けるようになれば、「怖い」よりも好きなインストラクターになります。

 

呼吸に意識を向けて、無理しない

ヨガ愛に溢れているインストラクターですから、しっかりとヨガに向き合おうとしている生徒を特に気にかけてくれるようになります。

そのためには、ヨガで最も大切にすべき「呼吸」に集中し、無理せずに自分が今できる範囲で行いましょう。

そうしているうちに、インストラクターがあなたを気にかけてくれているのを感じて、心も落ち着きます。

 

指導された内容をそのまま受け止める

言い方が冷たかろうが何だろうが、インストラクターに言われた内容を、ただただ受け止めるようにします。

言い方が厳しいと「あれ?先生怒ってる?」など色々と思考を巡らせてしまいますが、それはいったん辞めましょう。

「手をこの位置に」とか「このポーズは辞めておいて」など、言われたことをただそのまま実行に移すだけです。

そうやって人の言い方に感情を揺さぶられないようにすることも、ヨガの訓練の一つと捉えて実践してみましょう。

あなた自身が人の言い方に左右されないようになれば、インストラクターを怖いと思わなくなります。

 

まとめ【ヨガにしっかりと向き合えば、あなたにとって怖いインストラクターはいなくなる!】

いかがでしたか?

あなたにとって怖いと感じるインストラクターも、実はヨガに対して真剣なだけの「良いインストラクター」かもしれません。

それに気づくためには、あなた自身がヨガに真剣に向き合うことが必要なのです。

 

本当に良いインストラクターに出会うためにも、「怖い」「冷たい」という第一印象だけに振り回されないことも大切ですね。